ロボアドバイザーほったらかし投資をやってみたら心穏やかに投資ができた

この記事は約15分で読めます。

2019年の「老後2000万円問題」を機に、株式投資や資産運用に興味を持つ人が増えました。

さらに2020年のコロナショックで証券会社の口座開設が大幅に増えたというニュースもありました。

それにともなって、「AIが運用する」「世界の富裕層と同じ」レベルの資産運用ができるロボアドバイザーの認知度も高まってきました。

このブログでは、ロボアドバイザーで実際に資産を運用している管理人有馬が、ロボアドバイザー投資を考えている人に向けて、その本当のメリットや、忘れてはいけない注意点などを中心に、紹介をしていきたいと思います。

ロボアドバイザーの種類

ロボアドバイザーとひとことで言っても、実は2つの種類に分けられます。

一つは投資先の選定から、実際の投資実行、そのあとのリバランスやポートフォリオの変更に至るまですべて自動でやってくれるタイプのロボアドバイザーで、「投資一任型」と呼ばれます。

もう一つは、その人に合った投資先、ポートフォリオを助言するだけのロボアドバイザーで、投資の実行は自分で行うもので、「投資アドバイス型」などと呼ばれます。

僕は資産運用でいろいろな失敗を重ねてきました。特に個別株での失敗は精神的にもなかなか苦しいものがあります。

個別株による資産運用を否定しているわけではありません。個別株にもメリットはいろいろあります。

*インデックスファンド全盛の中で個別株に投資するメリットはこの3つ。

ただ、個別株はリスクが大きい、つまり損益の振れ幅が大きいというのも事実で、特に1点集中投資をしていると相当な覚悟がないと、心穏やかに投資を続けることが難しいです。

そうして僕はメインの投資金額を徐々にインデックスファンドロボアドバイザーなどの、市場全体に投資する、方向に資産を移動してきました。

ロボアドバイザーは現在、投資一任型の2社、投資アドバイス型を1で運用中です。

通常は、このように複数のロボアドで運用する意味はないと思います。僕は実験的にいろいろなロボアドを試しているだけなので、自分に最適なロボアドが見つかったら、そこに資金を集中していいと思います。

*ロボアドバイザーの投資一任型と投資アドバイス型の違いを検証

ロボアドバイザーのメリット

メリットしかないの投資手法というのはなかなかありません。しかしかなりの高い確率でデメリットを排除してメリットを享受できる方法というのがあります。

それがこの3つの要素を満たした投資です。

金融機関や政府広報により NISAやiDeCoが宣伝されるときに必ず強調されるのがこの3つです。

僕はこれまでに資産運用や投資手法について、いろいろな本を読んだりインターネットでの情報に接してきました。

*心穏やかな資産運用をしたい人にお勧めの資産運用本5選

堅実な資産運用を行いたい場合には、この3つの条件を満たした投資をすることがいちばん「鉄板」なのだということを、身をもって感じます。

そしてなにより、この条件を満たした投資をすることが精神的に最も落ち着いて続けられるということも、身をもって感じています。

そして、ロボアドバイザーというのは、忠実にこの3つの原則にしたがって資産運用をすることができるツールです。

長期投資に向いている

基本的に株式投資は長期になればなるほど運用成績が安定します。

下のグラフはウェルスナビのモデルケースでの資産推移です。

ウェルスナビ運用実績(2020年9月):https://www.wealthnavi.com/performance

時折大きな下落に見舞われていますが、過去5年のトータルとしては成長しています。

ちなみにこれはウェルスナビやロボアド投資に限った話ではなくて、「全世界株式」を指標としたインデックスファンドでも同じようなことが言えます。また米国株の過去の推移においても同じようなこと言えます。

ロボアドの場合は、株式に加えて債券や金など、株式と違った動きをする投資先にも広く分散しています。

そうすると、下落局面を最小限に抑えつつ、上昇局面では成長分野の恩恵を広く享受していくということができます。

短期で大きく稼げる、というものではない一方で、短期の下げに惑わされず、長期目線で運用しやすいと言えると思います。

最適ポートフィリオを考えてくれる

ポートフォリオというのは、自分の持っている資金をどの投資先にいくら振り分けているか、その資産配分の割合のことです。

これがウェルスナビやTHEOのウェブサイトで「ノーベル賞理論に基づいた」と紹介されているものです。

ロボアドの投資先というのは、日本株だけではなく、米国株、先進国株、新興国株、中国株など全世界を対象にしています。また株式以外にも、国債や社債、不動産、原油や金などあらゆる分野に広がります。

そして投資先によってそのリスクとリターンは異なります。

ロボアドはこれらの投資先の中から、あなたのリスク許容度に応じたポートフォリオを自動的に組んでくれるわけです。

これを自分で全部やろうとするとなかなか大変です。そもそもどの投資先にどれぐらいのリスクがあるのか、具体的にどの銀行や証券会社で、どの銘柄やファンドをいくら買えばいいのか、いつ売ったり買ったりすればいいのか、それらを自分で判断することになります。

それを代わりにやってくれるのが、ロボアドのメリットだと言えます。

積み立て設定により感情的判断に左右されない投資ができる

上のグラフでも見られる、大暴落の局面。

資産運用する上では必ず遭遇する場面だと思いますが、ここで「狼狽売り」をしてしまっては資産運用の意義が大きく薄れてしまいます。

このような局面でも同じように資産を買増していくことが、長期的な収益の大きな成長につながるからです。

そのために、ロボアドでは「積み立て設定」を行うことができます。

積み立て設定を行うことで、大暴落の局面でも自動的に「割安な」資産を購入することができ、回復局面ではより大きな資産の成長を享受することができます。

始めるのが比較的簡単

最近は証券会社の口座開設も、かなりの部分がインターネットでできるようになっていますが、ロボアドは本当にスマホの操作で10分ぐらいで申し込みが終わります。

スマホ経由での口座開設のしやすさではトップクラスの、LINE証券というのがありますが、僕の感覚ではTHEOやウェルスナビの口座開設はそのLINE証券よりも早くできた印象があります。

ざっくりした流れをいうと、こうなります。

ロボアドバイザーのデメリット

ここでいうデメリットというのは、あくまでも「ほかの投資手法と比較して」という意味です。

どのような資金運用手段にもリスクがあり、タンス預金でさえ、泥棒に入られるとか、忘れるといったリスクがあります。リスクがあるというのは程度問題で、国債にしてもFXにしてもリスクがあるということに変わりはありません。

なのでリスクの高低は別として考えると、ロボアドバイザーのデメリットは何でしょうか。

手数料が高い

投資一任型のロボアドバイザーの手数料はウェルスナビでもTHEOでも基本的に1%です。(運用金額によって、下がる場合もあります)

具体的に言うと、100万円を運用している人は年に1万円を手数料として払うことになるということです。

その年の運用益が3%だったとしたら、100万円は103万円になりますが、手数料をさし引いた後だと102万円になります。

もし運用益がマイナス3%だったとしたら、100万円は97万円になりますが、手数料をさしい引いた後だと96万円になります。

この1%が「高い」と思った人はそれなりに投資経験のある人ではないでしょうか。

一般的な投資商品で100万円を運用した場合の手数料と両立を表にまとめ見ました。

もちろんこれよりも手数料(信託報酬)の高い投資信託やETFもあります。

しかし、ロボアドがやっている世界分散投資と同様の対象に投資するとしても、1%以上の手数料が必要な投資信託やETFは、ほとんどないのではないかと思います。

ロボアドで投資している投資信託やETFというのは、一般的な指標(日経平均とかダウとか)に連動させるインデックスタイプのもので、購入・売却手数料はゼロ、信託報酬(手数料)も0.5%以下のがほとんどです。

米国株を直接買い付ける場合でも、SBI証券での手数料は0.5%です。

なので、ロボアドと同じ資産配分の投資信託やETFを自分の判断で売買できる、というならば、1%という手数料はやや高いということになるでしょう。

NISAやiDeCoが利用できない

もう一つ残念な点は、ロボアド投資はNISAやiDeCoが利用できないということです。

NISAやiDoCoが利用できないということは、つまり運用で利益が出た分に対しては、20%の税金がかかるということです。

100万円を投資して120万円になったところで売却したら、20万円の利益かと思いきやそこから約20%の所得税が徴収されるので、実際に手に入るのは約116万円ということになります。(含み益の状態では税金はかかりません)

一般的に多くの投資家は、税金を払うことを非常に嫌がる、税金を払っていることに対して軽蔑的な見方をする方がほとんどです。(税金に対して無意識なことを見下している感じでしょうか)

確かに税金を払わないでいいように様々な対策を講じれば、投資効率は向上し、資産の形成スピードは上がると思います。なので税金に対して無意識でいることは、資産形成を考える上では非常にもったいない、「残念な人」ということになるのだと思います。

僕はこの点ではかなり認識の甘い人間で、税金を取るというなら持っていけ、とあきらめの気持ちを持っています。利益が出た分に対する税金なのだからしょうがない、という気持ちです。

仮に20万円の利益から4万円持っていかれたとしても、16万円の利益が確保されればよいと思っています。20%の税金分を考慮したうえで必要なリターンを目指せばいいと考えます。

なので僕にとってロボアドで税金控除の恩恵を受けられないことは、ロボアドをやめるべき、というほどの強いデメリットだとは感じていない、というのが実感です。

ロボアドバイザーはこんな人におすすめ

というわけで、ロボアドバイザーのメリット・デメリットを書いてきましたが、ではどんなひとが使うと一番メリットが感じられるでしょうか。ロボアドをおすすめできるタイプの人について書いてみます。

投資先の選定や手続きが面倒だと思う人

資産運用をするにはまず、どこにいくら投資をするかを自分で決定する必要があります。

  • その場合の手数料はいくらか
  • 購入に必要な最低金額はいくらか
  • リスクはどれぐらいか
  • これまでの価格の推移はどうか
  • 現状では割高か割安か
  • 将来性はどうか

など、調査するべきことがたくさんあります。

僕のように資産運用が趣味であれば、喜んで調べたり比較表を作ってしまいますが、そうでない人にとっては、なかなか面倒な作業だと思います。

また、証券会社に口座を持っていなければまず口座開設手続きが必要ですし、海外株式や金・プラチナ、信用取引を行うにはさらにまた別の手続きが必要です。

そういうことを調べ始めて、なかなか判断ができず、手続きも面倒くさい。そう思っているうちにも時間はどんどん過ぎていきます。

資産運用において最大の武器は「時間」なのです。

その「時間」をそのようなことで浪費してしまうぐらいなら、全世界のあらゆる投資先に適切な配分で投資してくれるロボアドに頼ったほうが、最終的には効率がいいと思います。

ロボアドでは「リスクは低めにしたい」とか、「リスクがあっても期待収益利を高く」といった調整も可能なので、そのあたりをうまく使って、まずは手持ちのお金に働きに出てもらうということが大切です。

そのために払う手数料が年間1%であれば、それは高いというべきものでもないと思います。

資産運用について考える時間がない人

現代人というのはただでさえ忙しいものです。

仕事、家事、子育て、介護、付き合いなど生活を回していくために必要なことだけでも時間が足りないぐらいでしょう。

それに加えて自分の趣味、家族や友人との楽しい時間、息抜きやリラックスの時間などを考えると、資産運用を熟考する時間をひねり出すことは難しいのは当然のことです。

とにかく時間はない、でも「老後2000万円問題」のように資産運用について無関心でもいられない。そういうときにロボアドに頼るというのは、限られた人生の時間を有効に使うためには意味のあることではないでしょうか。

ロボアドを信じていれば資産は必ず増える、ということではありません。しかしロボアドで増えていなければ、そのほかの運用方法でもおそらく資産はそれほど増えていないでしょう。

なぜならロボアドは、過去の実績からして最も運用効果の高いインデックス投資を基本としていて、さらにその中の最適なポートフォリオを常に自動的に選択していくからです。

なので、資産運用の必要性は感じているけれど、詳しく考える時間がないという人はロボアド投資を検討する意味は大いにあると思います。

手元資金は少ないけれど小額の積み立てで長期資産運用を始めたい人

若い人の中には、「運用するほどの資産はない」という人がいるかもしれません。

しかしロボアドの運用において一番大切なことは、投入資金が大きいことではありません。もっと重要なことは、「十分な投資期間がある」ということです。基本的には投資期間が長くなればなるほど、収益はプラスの方向で安定してきます。

さらに、積み立ての効果も見逃せません。資産運用をしていると時には「リーマンショック」のような、すべての金融商品が値下がりするという大暴落に見舞われることがあります。

このような時に慌てて資産の売却をしてしまうのは、老後を見据えた長期資産運用のやり方としては愚の骨頂と言えます。

このような大暴落時にも、同じペースで積み立てを続けることで、平均の購入価格を下げる効果があり、その後の回復局面で大きな利益を手にしていくことができるからです。

そういう意味でも、若いころから(長期)、毎月コツコツと(積立)、ロボアドで運用(分散)することは、資産形成の方法としては最善のものの一つだと思います。

ロボアドバイザーで運用するべき資金量

今から書くことは、この記事の中では最も重要な部分です。

どんな投資をしてもいいと思うのですが、この部分だけは絶対に守るべきだと思っています。

ロボアドバイザーにいくら投資すればいいの?ということです。

例えば老後必要と言われた2,000万円を30年後に貯めるには、年利5%運用すると想定すると、約462万円を投入すると、あとは何の積み立てをしなくても30年後には達成できます。

じゃあ、まず462万円を投資しておけばいいのか?いえ、この考え方には大きな穴があります。

年利5%の運用というのは、どこにも保証がないということです。

30年という期間を考えれば、かなりの高い確率で5%の利回りというのは達成できるかもしれません。しかしそれは誰が保証してくれるわけでもありません。

また、30年の間には元本を割ることも、もしかしたら半分に減るということも、考えられます。

人生には何が起こるか分かりません。病気、けが、失業、盗難などで収入がなくなったり財産を失ったりすることもあります。

また、自分でコントロールできる範囲でも結婚、子育て、住宅購入、リフォーム、教育などまとまったお金が必要になることがあります。

こういう時に手元資金をすべてロボアドにつぎ込んでいて、元本割れで解約しなくてはならないとしたら、資産運用どころの話ではなくなります。

なので、「将来いくら必要か」ということだけを考えて投資金額を決めないでください。

僕が絶対に守るべきだと思うことは、まず今の生活レベルで2年間生活していけるための資金を貯めるということです。

これだけは安全度が最も高い預貯金で「聖域」として確保しなくてはなりません。

投資をするとしたら、仮にロボアド以外の投資であっても、これ以外の資金を使ってください。

2年分の生活費があれば、失業しても2年間は生きていけます。心穏やかに資産運用をするには、それぐらいの心の余裕がどうしても必要です。

安定度の高いロボアド投資と言っても、これだけは守るべきだと思います。

「今(近い将来)必要なお金が足りないから、資産運用をする」という考え方は、特にロボアド投資のように長期的な視点が必要な資産運用とはまったく相容れません。

しんどいかもしれませんが、まずは2年間の生活費を貯めることを最優先にするべきだと考えます。

ロボアドバイザーを始めるには

最近はいろいろな手続きがオンライン化されてきたので、ロボアドを申し込むのもスマホやPCで行うのが一番スムーズです。

僕が運用している、ウェルスナビ、THEO+docomo、松井証券の投信工房の場合で説明してみます。

ロボアドの口座開設のために準備しておきたい申請のための書類。スマホの画像でOKです。

ウェルスナビの場合

ウェルスナビに申し込む場合は、こちらをクリック

世界への分散投資を全自動で | WealthNavi

「無料診断」をしてから口座開設に進むこともできますが、まずは「口座開設を申し込む」からメールアドレスを入れて、認証コードを受け取り、パスワードを設定します。

そのあと住所や電話番号などの基本情報を入力し、マイナンバー(通知)カードと、免許証などの写真付き本人確認書類の画像をアップロードします。

その後数日で住所確認のための簡易書留が届きますので、それを受領したら運用をスタートできます。

TEHO+docomoの場合

THEO+docomoを申し込む場合は、こちらにアクセス⇓

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

「口座開設」からまずはユーザー登録を行います。

登録ができたら、口座開設に進み、ポートフォリオを診断するための5つの質問に答えます。

そして住所や電話番号などの基本情報を入力し、マイナンバー(通知)カードと、免許証などの写真付き身分証明書の画像をアップロードすれば、申し込み完了です。

後日、簡易書留が届くのでそれを受領すると、住所が確認されたことになり、運用をスタートできます。

投信工房(松井証券)の場合

松井証券の場合は、「投資アドバイス型」なので、まず松井証券に口座を開設します。

⇓こちら

利用料0円!ロボアドバイザーが資産運用をトータルサポート◆松井証券の『投信工房』◆

松井証券の口座開設も、住所や電話番号などの基本情報を入力し、マイナンバーカード(通知カード)と免許証など写真入りの身分証明書 の画像をアップロードするだけですみます。

そのあと数日で、松井証券からログインIDとパスワードが記載された紙が郵送されてくるので、それでログインすると、口座が開設されたことが確認できます。

その後、ウェブサイトまたはアプリからログインするのですが、松井証券の投資信託アプリからログインするのが手軽で分かりやすいです。

アプリのホーム画面の下に「アドバイザー」というタブがあります。そこから「運用方針を見直す」で8つの質問に答えると、そのリスク許容度に応じた最適ポートフォリオの投資信託が表示されます。

そのまま「ポートフォリオの注文」をクリックするとそれらの投資信託を一括で注文できます。

まとめ

ロボアドバイザーについて、長々と記事を書いてきましたが、お伝えしたかったことを要約します。

・ロボアドには全部お任せの「一任型」と助言だけする「アドバイス型」があります。

・ロボアドのメリットは、資産形成に最も重要な「長期・分散・積立」に適していることです。

・ロボアドのデメリットは、同様の金融商品を直接買うのよりも手数料がやや高いのと、NISAやiDeCoで税金のメリットが受けられないことです。

・ロボアドがおすすめなのは、資産形成したいけど何に投資していいかわからない、考える時間がない、けど老後までまだまだ時間がある、という人です。

・ロボアドに資金を投入する場合は、まず2年分の生活資金を現金で貯めてから、それ以外のお金を使ってください。

・ロボアドを始めるの手続きは簡単で、2~3日で運用を始められます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました